HOME>特集>色んな情報を収集する手を止めないことも大事

目次

将来性まで考えてみよう

住宅模型

埼玉でも、不動産の売買や投資などをサラリーマンや主婦が行えます。何世代にもわたって住み続けられるのは長期優良住宅ですし、非常の時も日常を続けられるのは災害への備えが万全な不動産です。戸建てにしてもマンションにしても、大規模修繕やリノベーションなどを含め、せっかく多額なお金をかけるのであれば、「やってよかった」思える設計、工事、提案などのサポートを受けましょう。修繕だけでホッと安心するのではなく、その後の管理までを考えていたスタンスも必要です。埼玉には様々な人がいて、建物があるので、居住者(不動産保有者)の生活の質を上げるコンサルティングも利用してみましょう。

自分の持ち家を診断してみよう

一軒家

不動産を購入・売却・投資したりすることが増えていますが、不動産をどのように診断・評価するのかを素人目線であっても把握しておきましょう。埼玉での不動産として一般的に流通しているのは、土地と建物です。快適で健康的な住宅、そこに評価を加えるならば、安心・安全性です。防犯や防災、バリアフリーなども、キッチンやリビング、寝室などの場所別に評価できるシステムサービスも提案されています。しかし気をつけるべきは、役立つサービスでなければ意味がないため、データを蓄積しておくだけでなく、いつでも閲覧できるようにしておきましょう。また、維持管理まで考えれば、専門家に意見を聞いたりするのもよいでしょう。